イツモスマイルの子育て情報局

こどもの健康情報を中心に紹介。子育てお役立ち情報もあります。

BCGの予防接種 うちますか?うちませんか?(コロナに対する効果は?)

予防接種の中で唯一注射痕が残ってしまうBCG。

いわゆるハンコ注射というやつです。

「BCG」はフランス語で「Bacille de Calmette et Guérin」の略です。
開発者の名にちなんで、「カルメット(Calmette)とゲラン(Guérin)の菌(Bacille)」を略してBCGと呼ばれています。

 

BCGの予防接種 うちますか?うちませんか?

お悩みのママパパ、予防接種ってなんだ!?というママパパ、子どもの健康に関心のある全てのママパパへ読んで欲しい記事です。

 

BCGの接種スケジュール生後5ヵ月~8ヵ月の期間に1回

 

 

BCGってどんな病気?

結核菌という細菌が体の中に入ることによって起こる病気である。

結核患者が咳やくしゃみをした時に、結核菌を含んだ飛沫が周囲に飛び散り、その周りの水分が蒸発した状態(飛沫核)で空気中に漂い、それを吸い込むことによって感染する(空気感染)。

結核菌は主に肺の内部で増えるため、咳、痰、発熱、呼吸困難等、風邪のような症状を呈することが多いが、肺以外の臓器が冒されることもあり、腎臓、リンパ節、骨、脳など身体のあらゆる部分に影響が及ぶことがある。

特に、小児では症状が現れにくく、全身に及ぶ重篤な結核につながりやすいため、注意が必要となっている。

 

f:id:itumosmile:20220414103522g:plain

患者数及び罹患率(人口あたりの新規結核患者数)は順調に減少しているものの、今でも年間10,000人以上の新しい患者が発生し、約2,000人が命を落としている。

2020年は12,739人が結核患者として登録されている。

 

BCGの予防接種をうつメリット・デメリット

f:id:itumosmile:20220406140750j:plain

 

BCGの予防接種をうつメリット

ママ
病気にかからなくなる? 
乳幼児期にBCGの予防接種をうつことにより、結核の発症を52~74%程度、重篤な髄膜炎や全身性の結核に関しては64~78%程度予防することができると報告されています(Colditz et al, 1995)。
 
 
 
予防接種をうつと、どれ位効果が続くの? 
予防接種の効果は10~15年程度続くと言われています。

 

 
BCGの予防接種はいくらかかるのかしら? 
BCGの予防接種は定期接種に分類されるため、公費負担となっています。
よって、定められた期間内に受ける場合は無料です
(結核が多い国へ青年海外協力派遣に行くから、といって受ける場合は無料ではないということです。)

 

BCGの予防接種をうつデメリット

ママ
予防接種ってやっぱり副作用が気になるわ 
1%以下の割合で、接種した後に局所の潰瘍やリンパ節の腫脹がみられると報告されています。
また、発生頻度は不明ですが、接種後に「アナフィラキシー」、「全身播種性BCG感染症」、「骨炎・骨髄炎」、「皮膚結核様病変」等が発生したという報告があります。

 

 
副作用ってどの位の割合で出るの? 
平成25年度は約90万人が接種していますが、厚生労働省に届けられた定期のBCGワクチン接種に関する副反応報告数は174件で、リンパ節の腫れが74件と最も多く、次いで皮膚症状が40件報告されています。
比較的重い疾患としては骨炎が10件、全身性のBCG感染症が2件報告されています。

 

骨炎
BCGワクチンは弱毒化した生きた菌を接種しているので、極めて稀ながら菌が骨に感染した場合には、骨炎を起こしてしまう可能性がある。
大腿や上腕の骨に発生することが多く、局所の痛みや腫れ、歩行への影響などで気付かれることが多い。
一般に、後遺症を残す確率などは高くないが、抗結核薬投与の他、外科的な施術が必要な場合もある 。

 

BCGの予防接種をうたないメリット・デメリット

f:id:itumosmile:20220402231204j:plain

 

BCGの予防接種をうたないメリット

 

予防接種なんてうちたくないよ。だってこんないいことあるもん! 
 
予防接種をうたないということはもちろん、副作用を全く気にしなくていい、ということです。
 

BCGの予防接種をうたないデメリット

 

 
予防接種なんてうちたくないよ。でも、うつのが当たり前みたいになってる。何か悪いことあるの? 
予防接種をうたないということはもちろん、病気にかかる可能性があがるかもしれないということです。
 
 
 
結核にかかっちゃうの?予防接種をうたなくて結核にかかった人ってどれ位いるの? 
残念ながら、データを見つけることができませんでした。
 
 
 
じゃあ、結核ってどれ位の人がかかってるの? 
年間10,000人以上の新しい患者が発生しています。
 
 
 
小さい子もかかってるの? 

f:id:itumosmile:20220414113729g:plain

2016年の新届出結核患者のうち、65歳以上の割合は、1996年では43.0%でしたが、2006年には54.5%となり、2016年は66.6%となりました。

2016年には80歳以上の患者が占める割合は39.7%です。

患者年齢が14歳以下の小児結核の新届出数は59人で, そのうち12人が外国生まれの者でした。

 
 
じゃあ、BCGの予防接種のおかげで結核が防げてるのね? 
 
そこが難しいところで、効果を疑問視している意見があるみたいです。
 
専門家でも意見が分かれているの? 
 
 
BCGの予防接種のメリットを重視している情報は、インターネットでは見つけることができませんでした。
こういう場合は、副反応が多くないため積極的に議題にあがっていないということかと思います。
 
(参考:厚生労働省HP、国立感染症研究所HP)
 
 

まとめ(コロナに対する効果は?)

コロナに対して効果があるのか!?といった騒動もいっときはありましたが、今は落ち着いているように思われます。

幼少期の BCG ワクチンの接種の有無が各国のコロナ患者数や重症者数に関与しているのではないかと疑問視されているんですね。
https://www.science.org/content/article/can-century-old-tb-vaccine-steel-immune-system-against-new-coronavirus

 

日本ワクチン学会では次の見解を公式公表しています。(2020年4月3日)

「新型コロナウイルスによる感染症に対して BCG ワクチンが有効ではないか」という仮説は、いまだその真偽が科学的に確認されたものではなく、現時点では否定も肯定も、もちろん推奨もされない。

 

最後になりましたが、今回はBCG予防接種のメリット・デメリットについてできるだけ平等に記事を書きました。

いかがでしたでしょうか?


BCGの予防接種について皆様の理解が深まりますように。